フィットネスクラブを使おう


フィットネスクラブというと、どのような場所を想像するでしょうか。例えば「スポーツジム」とは違って、ひたすら筋力トレーニングに励むというのではなく、音楽に合わせて体を動かすなど、多少楽しい要素をもって運動ができる場所、というイメージを持つ人もいることでしょう。それだけ、フィットネスクラブは自由な空間であり、自分自身にあった運動を行う事が出来ます。

フィットネスクラブは健康な肉体を作り、また維持するための運動を行う施設と専門のスタッフを備えた施設です。会員になることで、専門のスタッフから自分の状況に合った指導を受けることができます。特定の個人ではなく一般大衆を対象にしたフィットネスクラブは第二次大戦後のアメリカで始まったもので、日本では1970年代から作られるようになりました。1980年代になると、バブル経済の影響もあって多くの企業が参入しましたが、バブルの崩壊後は大手による統合などを経てフィットネスクラブの数は減少します。

その後、アンチエイジングやメタボリック症候群など健康への新たな関心の高まりもあり、事業者は再び増加する傾向にあります。現在では、会員が定期的に通いやすいよう、駅前などの交通の便がよい場所(主に大都市圏)や大型のショッピングセンター内、また幹線道路沿いなどに立地することが多くなっています。

ここでは、フィットネスクラブではどのようなことができるか、エクササイズのプログラムを中心にお話しします。